読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがたくろぐ

日本語不自由です。

きょうのできごと。

平成28年5月24日。
この日が何の日かわかる方は読者の中にいるだろうか。
f:id:kuwato0216ogata:20160524180827j:image
そう。我が靴底の、
正確には我が母親の靴底の、命日である。
黙祷すらする気にならない。

「アホらしい」
今の状態をなにか言葉で表すならば、最も的確なのはこの言葉ではないかと私は思う。
本当にアホらしい。天王寺動物園のチンパンジー以下である。なんならチンパンジー君には私の代わりに1限に出席して欲しいとすら思う。

さて、右手に死んだ靴底を持ちながら教室間を移動する私は、阪大生の皆様の目にどのように映ったのだろうか。

足の裏のさらに下に位置しているべき靴底が右手の中に存在している。そんな奇怪な状況と共に阪急梅田駅から大阪駅へと移動する私は、学校帰りの学生達にはどのように見えていたのだろうか。

少しでも彼らの記憶に残ることが出来たなら、きっとこの靴底も報われるだろう。

私の身に、特に、私の足に降り注いだ災難はこんな所では終わらない。
終わってくれない。際限なく続いてゆく。

円周率かよ。くたばれ。


こちらをご覧いただこう。
f:id:kuwato0216ogata:20160524181706j:image
きっと色々な感想を抱いて頂けたと思う。
「あっコイツこんな暑いのに羽毛布団まだ出してる〜」とか、
「コイツの羽毛布団、花柄やぁ〜」などいった感想を抱いた人の数も、大学入学後に私に告白してきた人の数くらいはいるのだろう。
無論ゼロである。

そんなことはどうでもいい。

見るからに痛そうな靴擦れの跡がある。
それもそのはず。
サイズの合っていない母親の靴で思いきりテニスをしたのだから。
コイツが痛い。とにかく痛い。
せいぜい1cmそこらの靴擦れのクセに、私に最高の存在感を示してくる。アピールが激しすぎる。痛いヤツか。痛いやつやけれども。

そんなヤツと共に、右手に靴底を持ちながら歩いていたのである。精神状態によっては自殺も辞さない勢いである。

ありえない。
知らぬ間に神社の鳥居にライダーキックでもしたのかと思わず疑うレベルにはツイていない。いや、憑いているといえばそうかもしれないが。

しかし明日は給料日である。
きっといいことがあるだろう。
地獄かと勘違いするような異様な暑さと、はたまた地獄かと勘違いするような右足の靴擦れの痛み、そして存在しない靴底を持つ左足と共に
もう1日くらいは生きてみてもいいのではないかと思う夜であった。

人生はまだまだ長い。